ダイエットスムージーは栄養のバランスと満腹感が大事!

30代からのダイエットには栄養のバランスが大事

なかなか痩せない

 

ダイエットを始めても、30歳を過ぎた頃から思ったように痩せなくなっていませんか。

 

20代の頃は、食事の量を減らしたり、運動したりすればすぐに痩せ始めたのに。

 

30代になって食事を抜いたダイエットをしたら、吹き出物ができたり、化粧の乗りが悪くなったりして肌に影響が出てきます。
それに、便秘も。

 

それでもガマンして食事を抜いたダイエット方法を続けたら、ダイエットをやめた途端にリバウンドしてしまい、自己嫌悪。

 

30歳を過ぎてから太る原因は

  • 年齢によって基礎代謝が低下したこと
  • 30歳を過ぎてホルモンバランスが変わり、痩せにくい体になったこと

の2つです。

 

30代からのダイエットは、食事の量を減らしても必要な栄養素を確保しないと、健康的に美しく痩せることはできません

 

美容や健康のためにはビタミンや食物繊維は必要です。
また、体型を維持するためには筋肉のもとになるタンパク質を摂っておいてほうが良いです。

 

どんなダイエット方法を選ぶにしても栄養をバランス良く摂っておいたほうがリバウンドのリスクも少なくてすみますね。

 

「ヨガフルーツスムージー」は30代〜40代女性が必要とする栄養素ダイエットサポート成分を含んだ栄養機能食品(ビタミンB,C)です。


ヨガフルーツスムージーが30〜40代女性のダイエットに良い理由

ヨガフルーツは注目の「メタボ予防素材」

ヨガフルーツとは、インド伝統医学「アーユルヴェーダ」の三大ハーブの一つと言われているシクンシ科広葉樹「ターミナリアベリリカ」の果実から抽出した機能性素材です。
抗酸化作用があるポリフェノールを豊富に含んでいます。

 

肥満の原因は、血糖値や血中中性脂肪が一定以上に上昇すると、体が余っているエネルギーと認識して脂肪として蓄えてしまうことです。

 

株式会社東洋新薬と長崎県立大学は臨床試験で食前にヨガフルーツ200mgを摂取すれば、食後の血糖値血中中性脂肪の上昇が抑制されることを確認しました。

 


※株式会社東洋新薬のプレスリリースより

 

コレウスフォルスコリと有用性を比べると糖に対しては約200倍、脂肪に対しては約40倍にもなります。

 

健康的に美しく痩せるには、必要な栄養素を確保したまま、炭水化物と脂肪の摂取を減らすことが基本です。

 

ヨガフルーツは、炭水化物と脂肪の吸収を抑える「メタボ予防素材」として注目されています。

 

ダイエットに必要な栄養素と満腹感

ダイエットの問題点は

  • カロリー制限による「空腹感」
  • ビタミン不足による「肌荒れ」
  • 食物繊維不足による「便秘」
  • タンパク質不足による「筋肉の減少」

です。

 

ヨガフルーツスムージーは、このダイエットの問題点を解決するための成分がすべて含まれています。
ダイエットで不足しがちな栄養素を補い、ダイエットをサポートする成分がしっかり配合されています。

 

味は酸味のないすっきりとしたベリー味で、おいしく飲めるようになっています。

 

ヨガフルーツスムージーは痩せにくくなってきた「30〜40代の大人の女性」のために考えられたダイエットスムージーです。

ヨガフルーツスムージーの特徴

インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」のハーブ5種類がダイエットをサポートします。

 

・ガルシニア
・コレウスフォルスコリ
・ブドウ種子ポリフェノール
・ニームリーフ
・青パパイヤ

美容に必要な5種類のビタミンが配合されています。
1杯で30〜40代女性の1日に必要なビタミンB群を摂取することができます。

 

・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB6
・ビタミンB12
・ビタミンC

 

また、ポリフェノールを含んでいる7種類のベリーも配合されています。

リバウンドしないためにも筋肉は落とさないようにしなければいけません。
筋肉のもととなるタンパク質はダイエット中は不足しがちです。

 

配合されている大豆プロテインは大豆から糖質や脂肪を無くし、効率よくタンパク質を摂取できる成分です。

 

また、女性ホルモンと同じ働きをすると言われている「イソフラボン」も含んでいます。

置き換えダイエットが失敗する理由に多いのが、空腹感というストレスに耐えられないで食べてしまうことです。

 

大豆プロテインは消化・吸収速度が遅いため、満腹感が続きます。

 

また、腹持ちの良い不溶性食物繊維も配合されています。
胃や腸で水分を吸収して膨らみ、空腹感を和らげます。

 

食物繊維は、腸内環境の改善にも役立ちます。

栄養のバランスが良くても、カロリーが高ければ置き換えダイエットには向きません。

 

ヨガフルーツスムージーは1杯あたり14.7kcalと低カロリーです。

 

食事と置き換えれば、ほぼ1食食べなかったことになります。

味がまずくて、飲むのが苦痛では続きません。
毎日飲むものだから、おいしいほうがいいですよね。

 

スムージーはドロドロで飲みにくいイメージがありませんか。

 

ヨガフルーツスムージーはとろみがほとんど無く、飲みやすくなっています
味はベリー味です。
酸味は強くありません。

 

ベリー味が苦手な人はジュースなどに混ぜると、ベリー味がほとんどなくなります。

作り方はスティック1包(4g/粉状)を180mlの水に溶かすだけです。

 

シェイカーを使わなくても、かき混ぜれば簡単に溶けるので、手軽に作れます。


オススメの飲み方で栄養をプラス!

基本的には、ヨガフルーツスムージー1包(4g/粉状)に対して、水180mlと混ぜます。

 

混ぜるとジュースのように飲みやすく、時間が経つと満腹感も出てきます。

 

しかし、初めて飲む人は、ちょっと物足りなく、満腹感もすぐに出ないので不満だと思います。
市販飲料と組み合わせると満足感がアップし、すぐに満腹感も感じられます

 

満腹感をすぐに得たい人や美容・健康のために別の栄養素も摂りたい人は市販飲料との組み合わせはオススメです。

 

美容・健康に良いと言われる5種類の飲料との組み合わせを紹介します。

 

豆乳

ヨガフルーツスムージーと無調整豆乳180mlの組み合わせです。

 

無調整豆乳とは豆乳と水以外が入ってない大豆固形分8%以上の豆乳のことです。

 

混ぜると、とろみが強くドロドロの状態になります。
ダマがかなりできて、味はほぼ豆乳のままです。

 

大豆タンパク質はヨガフルーツスムージーにも配合されていますが、豆乳でも摂取することで満腹感をより持続させることができます。

豆乳は貧血を防止する「非ヘム鉄」を含んでいますが、吸収をよくするビタミンCは含んでいません。
ヨガフルーツスムージーはビタミンCを含んでいるので、組み合わせると貧血防止が期待できます。

 

その他、骨の維持に期待されている「大豆イソフラボン」、
抗酸化作用便秘改善に期待されている「サポニン」、
記憶力や集中力に影響すると考えられている「レシチン」も含んでいます。

 

牛乳

ヨガフルーツスムージーと牛乳180mlの組み合わせです。

 

混ぜると、ヨガフルーツスムージーと牛乳のダマが少しできます。
とろみは無く、飲みやすいです。
味はシロップを入れたように、甘くておいしいです。

 

牛乳には「カルシウム」が多く含まれていることは知っていると思います。
カルシウムは日本人に不足している栄養素なので、積極的に摂りたいですね。

カルシウムは、骨や歯を丈夫にするだけでなく、筋肉を動かしたり神経細胞が働くときにも使われています。

 

その他、牛乳はミネラルビタミン必須アミノ酸などの身体を円滑に働かせるための栄養素がバランス良く含まれています。

 

ニンジンジュース

ヨガフルーツスムージーとニンジンジュース180mlの組み合わせです。

 

ニンジンのニオイと味が苦手な人もいると思います。
しかし、ヨガフルーツスムージーと混ぜると、ニンジンのニオイや味が無くなり、おいしくなります。
とろみも無く、飲みやすいです。

 

ニンジンジュースには、「βカロチン」が豊富に含まれています。
βカロチンは「ガンの予防になる」、「花粉症に効く」と話題になった栄養素です。

βカロチンは体内で必要な分だけ「ビタミンA」に変わります。

 

ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康維持、夜間の視力の維持を助ける栄養素です。
そのため、免疫力アップ美肌効果眼精疲労に効果があると言われています。

 

トマトジュース

ヨガフルーツスムージーとトマトジュース180mlの組み合わせです。

 

トマトジュース独特のニオイと味が苦手な人も多いと思います。
しかし、ヨガフルーツスムージーと混ぜると、トマトジュース独特のニオイと味が無くなり、おいしくなります。
とろみは少しありますが、飲みやすいです。

 

トマトジュースに含まれる「リコピン」は善玉コレステロールを増やし、「ダイエット効果」があると話題になった栄養素です。

その他、リコピンにはコラーゲンの増加させる美肌効果やメラニンの生成を抑えるシミ予防効果もあると言われています。

 

野菜ジュース

ヨガフルーツスムージーと野菜ジュース180mlの組み合わせです。

 

とろみは少しありますが、おいしく飲みやすいです。

 

野菜ジュースはトマトジュースまたはニンジンジュースに野菜汁と果汁を加えたものです。
なので、「リコピン」や「βカロチン」に加えて、「食物繊維」や「ビタミン」、「ミネラル」などの栄養素が幅広く含まれています。

日頃から野菜不足を感じている人は野菜の栄養素を補う目的で組み合わせても良いと思います。

 

ヨガフルーツスムージーで無理のないダイエット

 

ヨガフルーツスムージーのダイエット方法

ヨガフルーツスムージーにはビタミンや食物繊維、プロテインなどがバランスよく配合されています。

 

ヨガフルーツスムージーを使ったダイエット方法には2つあります。

 

  1. 食事をヨガフルーツスムージーに置き換える
  2. 簡単に言えば「置き換えダイエット」です。
    ヨガフルーツスムージーなら、食事と置き換えても、体に必要な栄養素を摂取できます

  3. 食事前に飲んで、摂取カロリーを減らす
  4. 食事の前にヨガフルーツスムージーを飲むと、ほどよい満腹感があるため、食べ過ぎを防ぐことができます。
    また、ダイエットサポート成分が食後の血糖値と血中中性脂肪の上昇を抑えるので、脂肪がつきにくくなります

ダイエットは、無理なく続けることが大切です。

 

ヨガフルーツスムージーは低カロリーということだけでなく、30〜40代の大人女子が健康的に美しく痩せられるように栄養バランスを考えて作られたダイエットスムージーです。

 

新しい自分の姿を目指して、あなたの食生活にヨガフルーツスムージーを取り入れてみませんか。

 


page top